ギリアド・サイエンシズは3月26日、経口抗ウイルス薬ソホスブビル(商品名ソバルディ)の製造販売承認を取得したと発表した。ジェノタイプ2のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変に対し、リバビリン(コペガス)と12週間併用する。今後、薬価基準への収載を経て発売される。ジェノタイプ2の患者に対しては従来、インターフェロン(IFN)による治療が行われており、経口薬のみの治療法は我が国初となる。

ジェノタイプ2のC型肝炎でもIFNフリーの治療が可能にの画像

ログインして全文を読む