冠動脈の閉塞を伴わない心筋梗塞(MINOCA:MI with non-obstructive coronary arteries)を扱った研究を対象にした世界初の系統的レビューの結果、MINOCAの有病率は、心筋梗塞患者全体の約6%で、閉塞性冠動脈疾患を有するに場合に比べると明確な臨床的特徴がなく複数の原因疾患が存在する可能性があることが分かった。結果の詳細は、Circulation誌3月10日号に掲載された。

冠動脈の閉塞を伴わない心筋梗塞、有病率は約6%の画像

ログインして全文を読む