厚生労働省は3月20日、十二指腸内視鏡による多剤耐性菌の伝播リスクに関して、医療機関に対し5つの留意点を提示し注意喚起を行った。米食品医薬品局(FDA)が安全性通信を発表したのを機に、国内での感染リスクについて検討していた。

十二指腸内視鏡に多剤耐性菌の伝播リスクの画像

ログインして全文を読む