「急性膵炎診療ガイドライン2015」(第4版)が3月に発刊された。改訂版で急性膵炎の治療方針がどのように変わったか、三重大学肝胆膵・移植外科学教授の伊佐地秀司氏が第51回日本腹部救急医学会総会(3月5〜6日、京都開催)で解説した。

急性膵炎診療ガイドライン2015のポイントは?の画像

ログインして全文を読む