急性胆管炎で緊急ドレナージが必要かどうかを判断する指標として、プロカルシトニンが有用なことが示された。福岡大学消化器外科講師の佐々木隆光氏が第51回日本腹部救急医学会総会(3月5〜6日、京都開催)で発表した。

急性胆管炎の緊急ドレナージの判断にプロカルシトニンが有用の画像

ログインして全文を読む