国立がん研究センターや国立循環器病研究センターなどの国立高度専門医療研究センター6法人について、統合も視野に入れた今後の組織のあり方の検討が8月から始まることが明らかになった。政府の政策評価・独立行政法化委員会(委員長・岡素之住友商事相談役)が1月にまとめた「勧告の方向性」を受け、厚生労働省が着手時期を探っていたもの。

がんセンターなど6法人の統合検討、8月に着手の画像

ログインして全文を読む