いまや老年期の認知症の大半を占めるようになったアルツハイマー病(AD)。その病態を解明する研究から、脳内のアミロイド沈着が根本的な原因であることが突き止められた。最近の研究では、アミロイドβがAD発症の20年以上も前から脳内に蓄積し始めていることも明らかになった。アミロイドをターゲットにした免疫療法や遺伝子療法の開発が進む中、わが国では特に、団塊世代がAD発症の好発年齢に達する前に、国を挙げてAD予防に取り組む必要がある。ADの基礎医学分野で世界をリードする理研脳科学総合研究センターの西道隆臣氏に、病態の実像と予防・治療の基本戦略を

アルツハイマー病、見えてきた克服への道筋の画像

ログインして全文を読む