2月18日、医療費助成の対象となる難病(指定難病)を選定する「指定難病検討委員会(第9回)」が開催された。循環器・腎泌尿器・呼吸器疾患と代謝異常疾患の50疾患が検討対象となり、家族性3型高脂血症などの脂質代謝異常疾患7つを除く43疾患を指定難病とすることが了承された。了承されなかった7疾患は指定難病の要件に当てはまらない可能性があるとし、情報を収集して再検討する。

指定難病、脂質代謝異常疾患7つは再検討への画像

ログインして全文を読む