東京女子医科大学病院(東京都新宿区)の集中治療施設(ICU)で人工呼吸中の小児患者がプロポフォール投与後に死亡した問題で、遺族側は2月19日、「正当な医療行為には当たらない可能性がある」として警視庁に傷害致死容疑の告訴状を提出し、同日午後に記者会見を行った。なお、同件は既に警視庁が業務上過失致死の疑いで捜査を進めている。

プロポフォール死亡事例、遺族側が傷害致死容疑で告訴状の画像

ログインして全文を読む