第29回日本医学会総会2015関西組織委員会は2月18日に会見を開き、「第29回日本医学会総会2015関西」の開催概要や見どころを紹介した。学術講演では、医療・介護制度や終末期医療からiPS細胞、ロボット手術まで、幅広いテーマを取り上げる。医学会総会として初めて一般市民向けの公開講座を設けたり、企業の経営者らによる講演プログラムも企画する。会頭の井村裕夫氏は「個別の学会では議論できないような横断的なテーマを取り上げている。専門科の枠を超えて幅広く学べる機会なので、ぜひ多くの方に参加してほしい」と話す。

「初の試み」目白押しの第29回医学会総会の画像

ログインして全文を読む