中央社会保険医療協議会は2月18日、新しい作用機序のプロトンポンプ阻害薬(PPI)であるボノプラザン商品名タケキャブ)の薬価収載を承認した。薬価はエソメプラゾール(ネキシウム)の1日薬価を基に決められ、10mg錠が160.10円、20mg錠が240.20円となった。2月24日に薬価収載される予定。製造販売元の武田薬品工業は「今年度中には発売する」と話す。

新型PPIタケキャブの薬価が決定の画像

ログインして全文を読む