消化管の開通性評価のためにテスト用カプセルを投与する前日にピコスルファートを投与すると、投与しない場合に比べてカプセルの原形排出率が高いことが分かった。富山大学第三内科の三原弘氏が第11回日本消化管学会学術集会(2月13〜14日、東京開催)で発表した。

消化管の開通性評価はピコスルファート前日投与でより確実にの画像

ログインして全文を読む