厚生労働省は2月17日までに、新規抗凝固薬の1つであるアピキサバンについて、使用上の注意の重大な副作用に「間質性肺疾患」を追加するようメーカーに指示した。これまでの3年間で、23例の間質性肺疾患関連症例が集積し、このうち7例は因果関係が否定できない症例だったことによる。

アピキサバン、重大な副作用に「間質性肺疾患」追加の画像

ログインして全文を読む