消化器疾患の国際分類であるローマ分類に、新しい疾患概念として「ピロリ関連ディスペプシア」が採用されることが明らかになった。北海道大学病院光学医療診療部の加藤元嗣氏が、第11回日本消化管学会学術集会(2月13〜14日、東京開催)で発表した。

新ローマ分類に「ピロリ関連ディスペプシア」の画像

ログインして全文を読む