理化学研究所は2015年2月10日、都内で記者会見を開き、STAP論文に関する関係者の処分を発表した。既に理研を退職した元職員の小保方晴子氏については、「社会的影響も踏まえて」(理研の堤精史人事部長)、懲戒解雇相当とした。

理研、刑事告訴や研究費返還請求の可能性もの画像

ログインして全文を読む