日本集中治療医学会理事長の氏家良人氏(岡山大学教授)は2月10日、昨年11月に公表した日本集中治療医学会、日本救急医学会、日本循環器学会の3学会合同の「救急・集中治療における終末期医療に関するガイドライン〜3学会からの提言」に関して、第29回日本医学会総会2015関西で講演を行い、終末期医療について議論を求める考えを明らかにした。「終末期医療については、医学会全体で議論を深めることが大事。最も大きな学会である医学会総会の場で取り組むことが重要で、大きな論議につながると考えている」と語った。2月9日から11日まで東京都内で開催された第42回日本集中治療医学会学術集会で発表した。

「医学会総会で終末期医療の議論を深めたい」の画像

ログインして全文を読む