厚生労働省の諮問機関である社会保障審議会・介護給付費分科会は2月6日、2015年度介護報酬改定の報告案をまとめた。同日、分科会は西村周三社会保障審議会会長(医療・経済研究機構所長)に報告。西村氏が塩崎恭久厚生労働大臣に答申した。これにより、2015年度介護報酬改定における各サービスの報酬単価が決定した。

特養の基本報酬はマイナス6%の大幅引き下げの画像

ログインして全文を読む