米サノフィ社と米バイオ医薬品ベンチャーのマンカインド社(MannKind Corporation)は現地時間の2月3日、吸入インスリン製剤のAfrezza(商品名)が処方薬として全米の薬局で購入可能になったと発表した。この吸入インスリン製剤はマンカインド社が米食品医薬品局(FDA)に承認申請していたもので、2014年6月27日に承認された。その後同年8月にサノフィ社との間で開発や販売に関する世界的なライセンス契約が結ばれ、全米での発売に至った。

全米で吸入インスリンが処方薬として購入可能にの画像

ログインして全文を読む