米ベーリンガーインゲルハイム社および米イーライリリー社は現地時間の2月2日、SGLT2阻害薬エンパグリフロジンとDPP-4阻害薬リナグリプチンの合剤(商品名Glyxambi)について、同日付で米食品医薬品局(FDA)から承認を受けたと発表した。SGLT2阻害薬とDPP-4阻害薬の合剤の承認は、米国だけでなく日米欧を通じて初めて。

米FDA、エンパグリフロジンとリナグリプチンの合剤承認の画像

ログインして全文を読む