アストラゼネカ研究開発本部ニューロサイエンス/感染症領域の田中倫夫シニアディレクターと、同本部臨床開発統括部クリニカルディベロップメント、ニューロサイエンス/感染症領域/初期臨床開発部の亀尾祐子部長は、2015年1月14日、日経バイオテクの取材に応じた。国内でフェーズIIIを実施中の経鼻弱毒化インフルエンザ生ワクチン、MEDI3250について、田中氏は「2015年内の承認申請を目指す」との考えを示した。

国内初の経鼻インフルワクチン、年内に申請へ の画像

ログインして全文を読む