国立感染症研究所は1月20日、エボラウイルスなどを扱うことのできるバイオセーフティーレベル4(BSL4)の施設稼働に向け、周辺住民や武蔵村山市職員らを集め、第1回国立感染症研究所村山庁舎施設運営連絡協議会を開催した。 同協議会では、国立感染症研究所の設備概要を説明。病原体等の取り扱い施設や動物実験室、放射性同位元素で標識した物質を用いた実験室「RI(ラジオアイソトープ)実験室」の解説に加え、地震や火災が起きた場合の対策などを紹介した。

感染研のBSL4施設、稼働に向け協議始まるの画像

ログインして全文を読む