理化学研究所は2015年1月6日、2報のSTAP細胞の論文不正に関して、停止していた懲戒委員会を再開する手続きを始めたことを、本誌の取材に対して明らかにした。

理研、STAP細胞論文で懲戒委員会を再開への画像

ログインして全文を読む