STAP細胞論文の調査を2014年9月から同年12月22日まで行っていた、理化学研究所の外部専門家7人から構成される「研究論文に関する調査委員会」が2014年12月26日に記者会見を開き、STAP細胞の論文に関する調査結果を報告した。

「STAP幹細胞などの正体はES細胞だった」の画像

ログインして全文を読む