国立がん研究センターがん対策情報センター(東京都中央区)は12月9日、がん診療連携拠点病院407施設から得られた院内がん登録情報を基にデータベースを構築したと発表した。

院内がん登録情報を「患者向けに初めて活用」の画像

ログインして全文を読む