部下にパワーハラスメントを行ったとして懲戒解雇された群馬大学分子予防医学(衛生学)教室の男性教授A氏が、解雇は不当として近く提訴する方針であることを、編集部の取材に対して明らかにした。

パワハラで解雇の群馬大教授、大学を提訴の意向の画像

ログインして全文を読む