来年10月からスタートする医療事故調査制度に関する省令やガイドラインを策定するために設置された厚生労働省の「医療事故調査制度の施行に係る検討会」は11月26日、第2回目となる会合を開き、今後議論すべき項目として19項目を示した。今後は各項目について議論を進め、2月末のガイドライン取りまとめを目指す方針だ。

医療事故調検討会が「19の論点」を提示の画像

ログインして全文を読む