日本大腸肛門病学会が『肛門疾患(痔核・痔瘻・裂肛)診療ガイドライン2014年版』(南江堂、2014年11月)を発行した(写真)。プライマリ・ケア領域で頻度の高い3大肛門疾患「痔核・痔瘻・裂肛」について、概念や病態、診断、治療、予後などを分かりやすく解説。肛門科専門医だけでなく一般の内科医・外科医を対象とした。肛門疾患領域で診療ガイドラインが作成されるのは国内で初めてのこと。ガイドライン作成委員会の委員長を務めた東京山手メディカルセンター(東京都新宿区)大腸肛門病センター長の佐原力三郎氏は、「痔核、痔瘻、裂肛は日常診療で遭遇する頻度が高い。ガイドラインを診療デスクの上に置いて活用していただきたい」と語る

日本初の肛門疾患診療ガイドラインが登場の画像

ログインして全文を読む