救急外来において患者やその関係者から暴力を受けたことがある医療従事者は、6割近くにのぼることが報告された。医師では4割、看護師は9割以上が経験していた。大浜第一病院(那覇市)の大城淳氏らが自院の事態を明らかにし、第9回医療の質・安全学会(11月22〜24日、千葉市開催)で発表した。

救急外来での暴力、医師の4割、看護師の9割超が経験の画像

ログインして全文を読む