日本メドトロニックは、リアルタイムに血糖値が分かる持続血糖測定(CGM)機能を搭載した「ミニメド 620Gインスリンポンプ」を12月22日に発売すると発表した。インスリンポンプに血糖値がリアルタイムに表示される製品は日本初。患者の体に別途装着したCGMトランスミッタ(送信器)と2.4GHz電波帯(無線LANやBluetoothなどが使用している電波帯)を使って通信することにより、5分ごとの測定値を表示する。過去3、6、12、24時間の血糖変動をグラフで確認できるほか、急速に血糖値が変化した場合にアラートを通知する機能もある。

血糖値がリアルタイムに確認できる日本初のインスリンポンプの画像

ログインして全文を読む