2015年度介護報酬改定に向け、11月13日都内で開催された社会保障審議会・介護給付費分科会では、通所介護について厚生労働省が報酬や基準の見直し案を提示。小規模型事業所の基本報酬を引き下げるほか、認知症高齢者や重度者の受け入れを加算で評価する案が示された。

小規模デイは基本報酬引き下げへの画像

ログインして全文を読む