国立大学医学部長会議と国立大学附属病院長会議は11月12日、合同記者会見を開き、科学研究費予算の減額による研究現場への影響を解説。研究費の減少を食い止め、基盤的研究費の確保を求める提言を発表した。

「科研費予算の減少に歯止めを」と提言の画像

ログインして全文を読む