厚生労働省は11月5日付で2014年度診療報酬改定の疑義解釈(その11)を発出した。手術・処置料の「休日・時間外・深夜加算1」に設けられた「予定手術前日の当直が年間12日以内」という施設基準の日数部分について、「加算を届け出た診療科全体の合計で年間12日以内」と明記した。

ログインして全文を読む