経済協力開発機構(OECD)は11月5日、東京都内にて日本における「医療の質レビュー」を発表した。OECDは各国で政策や取り組みを分析し、医療の質向上への提言を行っている。日本の医療の質については、「比較的低コストで良好な健康を実現しており、医療のパフォーマンスは高い」と評価する一方で、「医療サービスの提供方法を再設計し、超高齢化社会のニーズに応えるべき」と提言した。

「日本はプライマリ・ケア医の専門性強化を」の画像

ログインして全文を読む