厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:学習院大学経済学部長の遠藤久夫氏)が10月31日に開かれ、地域医療構想(ビジョン)における2025年の医療需要の推計方法に関する基本的な考え方について議論された。医療機能ごとの必要病床数の具体的な推計に関しては、次回以降の会議で検討していく。

ログインして全文を読む