厚生労働省は10月29日、社会保障審議会・医療保険部会(会長:学習院大学経済学部教授の遠藤久夫氏)を開き、国民健康保険(国保)組合への国庫補助を見直した場合(医師国保は補助廃止の方向)、市町村国保並みに保険料を引き上げても医師国保の87%が赤字になるとした機械的な試算を公表した。2013年12月に成立した社会保障制度改革プログラム法では、被保険者の所得水準が高い国保組合に対する国庫補助を見直す規定が盛り込まれた。厚労省はその一資料として、今回の試算を示した。

医師国保の9割、国庫補助見直しで赤字の危機の画像

ログインして全文を読む