厚生労働省の社会保障審議会・福祉部会の福祉人材確保専門委員会(委員長:慶應義塾大学名誉教授の田中滋氏)が10月27日、初会合を開いた。同委員会は、不足する介護人材の確保や介護福祉士の資格取得方法などについて専門的な観点から検討するために設置された。年内をめどに取りまとめを行って福祉部会に報告し、その後、必要な措置を講じる方針だ。

介護人材不足の解消に向けて本格議論の画像

ログインして全文を読む