塩崎恭久厚生労働大臣は10月24日、エボラ出血熱に関し声明を発表した。行政の対応強化、医療機関の適切な対応、国民の協力の3つの柱で対策に取り組むと強調、「オールジャパンの体制で取り組むことが重要」と呼びかけ、国民に対し2つのお願いを呼びかけた。

ログインして全文を読む