米国でエボラウイルス疾患(エボラ出血熱、EVD)の2次感染例が確認されたのを受けて、日本でもエボラの輸入感染例への対応に関心が集まっている。その最中、西アフリカからの帰国者が発熱を主訴として一般市中病院を受診し、最終的に熱帯熱マラリアと診断された症例が報告された。社会医療法人敬愛会中頭病院(沖縄県)感染症・総合内科の大城雄亮氏と新里敬氏が連名で10月16日、国立感染症研究所の病原微生物検出情報(IASR)に、この症例の詳細について発表した。

ログインして全文を読む