サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームといった集合住宅の入居者の介護保険サービスの利用状況は、戸建てなどの一般住宅に住む利用者に比べて、利用サービスの数が多く、集合住宅と居宅介護支援事業所が併設している場合は、その数がさらに多くなるという傾向が明らかになった。

集合住宅では介護サービスの利用過多?の画像

ログインして全文を読む