日本製薬工業協会(製薬協)は10月16日、製薬企業が医療機関などに支払った研究開発費についても、金額や件数を詳細に開示すると発表した。2016年度以降に契約した研究開発費について、2017年から開示する。製薬協常務理事の田中徳雄氏は、「周知期間とシステム改修にかかる時間を考慮し、2016年度分からとした」と説明する。

2017年から研究開発費も金額開示への画像

ログインして全文を読む