日本脳卒中学会脳卒中ガイドライン委員会(委員長:岩手医科大学学長の小川彰氏)は9月29日から10月10日まで脳卒中治療ガイドライン2015の原稿案を公開し、パブリックコメントを募集した。脳卒中治療ガイドライン2009との差分は、経口抗凝固薬といった新薬や血管内治療デバイスのエビデンスなどが加わっていることなど。パブリックコメントを反映し、2015年春に発行される見込みだ。

脳卒中治療ガイドライン2015案が明らかにの画像

ログインして全文を読む