2014年10月15日、都内で社会保障審議会・介護給付費分科会が開かれ、2015年度介護報酬改定に向け、3つの視点が厚生労働省から示された。(1)在宅中重度者や認知症高齢者への対応のさらなる強化、(2)介護人材確保対策の推進、(3)サービス評価の適正化と効率的なサービス提供体制の構築――である。

「平均収支差率だけに着目するのは危険」の画像

ログインして全文を読む