厚生労働省は10月15日、社会保障審議会・医療保険部会を開き、療養の範囲の適正化などについて議論した。紹介状なしで大病院の外来を受診した際は、救急などの場合を除き、患者に定額負担を求めるべきであるという意見が多数を占めた。

大病院受診時の定額負担「5000円」案が軸にの画像

ログインして全文を読む