富士フイルムは、レーザー光源搭載の内視鏡システム「LASEREO」用内視鏡として、経鼻内視鏡「EG-L580NW」を10月23日から発売する。従来の経鼻内視鏡に比べて鉗子口径を大きくしており、粘液や前処置液の吸引性能が向上した。価格は360万円(税抜き価格、以下同)。1年間で500本の販売を目指す。

レーザー光源で使える初の経鼻内視鏡、発売への画像

ログインして全文を読む