第一三共は10月1日、9月30日付でクラビット(一般名レボフロキサシン)とその後発品であるレボフロキサシン「DSEP」の適応症に肺結核とその他の結核症を追加する承認申請を行ったと発表した。承認されれば、結核治療に使える日本初のフルオロキノロン系抗菌薬となり、公費助成も受けられるようになる。

第一三共、クラビットに結核の適応追加を申請の画像

ログインして全文を読む