厚生科学審議会感染症部会は10月8日、エボラ出血熱などの1類感染症の発症者が国内で現れた場合に備え、治療方針や未承認薬の使用方法などを検討する専門家会議を開催することを明らかにした。同専門家会議は、西アフリカにおけるエボラ出血熱の流行を受け、検討されたもの。

ログインして全文を読む