2014年9月30日、東レが血中に含まれる蛋白質を約20分で定量できる研究用機器「RAY-FAST」の販売をスタートさせた。同時に、炎症性サイトカインの一種であるIL-6を定量する専用チップも販売する。「RAY-FAST」の希望小売価格は1台350万円。専用チップの希望小売価格は1枚5000円。

東レ、血中IL-6検出する研究用機器を発売の画像

ログインして全文を読む