厚生労働省は10月3日、社会保障審議会・介護給付費分科会の介護事業経営調査委員会(委員長:慶應義塾大学名誉教授の田中滋氏)を開き、「平成26年(2014年)介護事業経営実態調査結果(案)」を公表した。前回の2011年調査と比較して、訪問介護や訪問看護、通所リハビリ、地域密着型介護老人福祉施設などの収支差率が改善したほか、全体的に安定した経営が維持されている状況が分かった。

訪問介護や看護、通所リハビリの収支が改善の画像

ログインして全文を読む