国立成育医療研究センター生体防御系内科部アレルギー科医長の大矢幸弘氏らは10月1日、新生児期からの保湿剤の塗布により、アトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下することが、成育出生コホート研究におけるランダム化比較試験(RCT)で示されたと発表した。この研究結果は、Journal of Allergy and Clinical Immunology誌に報告したもの。

新生児期の保湿がアトピー発症率を3割減にの画像

ログインして全文を読む