厚生労働省の社会保障審議会・福祉部会が9月30日に開催され、社会福祉法人における財務運営の規律のあり方について議論が行われた。多額に積み上げられていると言われるいわゆる内部留保のうち、「控除対象財産」や運転資金を除いた「余裕財産」は地域に再投下(投資)する仕組みを導入することで委員間の意見が一致した。

「余裕財産」の地域への還元促す仕組み構築への画像

ログインして全文を読む